BLOG

ブログ

先日、妻が他界したことについてブログを書きましたが、妻がいなくなってしまったことは、息子の心にも大きな影響を与えました。そのことについて妻の従兄弟とLINEをしていた時。何気に開いたInstagramのトップに以下のような投稿が。求めていた言葉を与えてもらえたような、神様が見ていてくれてるような、不思議な気持ちになりました。


子は親の鏡

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる。

叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう。
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになってしまう。
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも、他人を羨むようになる。

励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる。
誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ。
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ。
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる。
一人の人間として大切にされれば、子どもは、思いやりのある人間になる。
和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは「この世の中はいいところだ」とおもえるようになる。

「自分には確かな居場所がある」
「自分を必要としてくれる場所がある」

その安心感があればこそ、人は強く生きられるのです。

私たちは人を愛するとき人生の真の喜びを感じるものです。愛ほど強く大きな幸福感は他にありません。愛は人間の根源的な欲求なのです。大人になっても、どのような立場になっても、私たちは人のぬくもりや心の触れ合いを求め続けます。

—– ドロシー・ロー・ノルトの言葉より —–

【子は親の鏡】です。

完璧な親を演じるのではなく「愛を持って接し、明るく前向きに学び続ける」そんな親の背中を子供に見せたれたら、その子は、同じように成長し続け自分の人生を広々と生きていけます。

未来の子供達に素敵な背中を見せられる。そんな大人になっていきたい。

記事一覧

ヤマちゃん

デザイン部で営業として活動。 義父(故)、義母(故)、妻(故)と介護をしてきた情報を発信します。

関連記事一覧