BLOG

ブログ

去年の5月、みんなで津軽33観音巡りをしました。津軽33観音霊場は、青森県弘前市、 五所川原市を中心とした三十三ヶ所の観音霊場です、江戸時代の初期に制定され、寛延年間(1748~1751年)に再編されて現在の札所構成になったと言われています。他の霊場と異なり神社が札所となっている箇所や無人の観音堂や神社で地域や個人が管理している札所もあります。

朝8時に集合し、7人乗りの車に乗り込み、その日参加できるスタッフが参加、夕方まで回れるところまで行きました。オヤツを片手に車の中は賑やか、大人の見学旅行状態(^^)

遠くは竜飛岬、十三湖あたりもあり1日5ヶ所の時もあれば、10ヶ所行けた日も。33観音全て制覇するのに丸5日間かかりましが、毎回7人乗りの車は満員御礼で色んな話が出来て、とても楽しかったです。

そして、巡礼するだけではありません!各々の手作りの御朱印帳やお寺で買った御朱印帳を待ち、御朱印集め。神社に御朱印があるところ、離れたところにあるところもあり実際には40ヶ所以上行ったかもしれません。御朱印代はまちまちで200円〜300円。

私は自分の御朱印帳、そして両家の両親の分で3冊の御朱印集め。3年ぶりに帰省し、無事両親の手元に。

主人は出張の際はいつもカバンに入れ、お守り代わりに持って行っています。春になったらまた行きたいな(^^)

関連記事一覧